SPECTRASONICS KEYSCAPE 安心の日本正規品!

SPECTRASONICS KEYSCAPE 安心の日本正規品!:サンフォニックス店

  • SPECTRASONICS KEYSCAPE

    C7 Grand Piano、Rhodes、Wurlitzer、Clavinet、Pianet、Celesteなど名だたる名機が揃った極上ピアノ・エレピ音源。

    一流アーティストやプレーヤー、ハリウッドなどとも関わり深いSpectrasonics社、リサーチで「一番欲しい音源は?」の答えが「ピアノ・エレビ音源」だったそうで、つまり現在の市場にはユーザーの要求に答え得るハイクオリティで実用性に長けた「ピアノ・エレビ」製品がないことを、Spectrasonics社が叶えてやろうということで登場した経緯があるようです。


    なにもピアノやエレピをメインに添えた音楽ではなくとも、音楽制作をしていると、ふとした瞬間にピアノやエレビのサウンドが欲しくなる事は少なくありません。

    にも関わらずピアノ・エレピのサウンドは「昔、ピアノをやっていた」などの耳の肥えたリスナーが多く、厳しい評価が下されてしまいがちです。

    逆に「添えた」程度のつもりのピアノやエレビのサウンドが素晴らしければ、それだけ音楽の品位が高まる、というのも事実。


    つまり多くの楽器と比べて、人の耳を惹きつけやすい「ピアノ・エレビ」という楽器には、高い品位が求められるということです。



    さて、もうすでにTRILIANで「生もの」ですら圧倒的な品位の高さを実証済みのSpectrasonicsが生み出した「KEYSCAPE」。

    もちろん、これまでの常識を覆す品位を備えていることは間違いないのですが、Spectrasonicsの真骨頂は「その極上の音質を、極上の音質のままで自由自在に変形できる」というところ。つまりSYNTHOGY IVORYを使う様に「立ち上げたら弾くだけで極上の音」ということだけでなく、さらに好みや独自のサウンドをつくり込むことも可能。



    OMNISPHEREをもグレードアップ

    KEYSCAPEではあくまでも「キーボード音源」としての立ち位置から外れないエディット性を備えていますが、OMNISPHEREへKEYSCAPEを統合することで、OMNISPHEREのような高深部のエディットをも実現できます。つまりはピアノ・エレビなのに、シンセサイザーとしての立ち位置での強力なシンセシスを実現できます。

    統合したのちもKEYSCAPEはKEYSCAPEとして利用できるので、ケースに応じて使い分けができますし、OMNISPHEREのライブラリを拡張できるという意味合いも含まれますので、この組み合わせは非常にオススメです。

    KEYSCAPE収録モデル内容

    LA Custom C7 Grand Piano

    Wing Upright Piano

    Wing Tack Piano

    Rhodes - Classic Mark I

    Rhodes - LA Custom E Model

    Vintage Vibe Electric Piano

    Wurlitzer 140B

    Wurlitzer 200A

    Electric Grand CP-70

    Hohner Pianet M

    Hohner Pianet N

    Hohner Pianet T

    Weltmeister Claviset

    Celeste

    Chimeatron

    Dulcitone

    Hohner Clavinet C

    Clavinet/Pianet DUO

    Vintage Vibe Vibanet

    Clavichord

    Dolceola

    Electric Harpsichord

    Mini Student Butterfly Piano

    Rhodes 1946 Pre-Piano

    Toy Piano - Classic

    Toy Piano - Glock

    Toy Piano - Grand

    Toy Piano - Saucer Bell

    Harmochord

    Rhodes Piano Bass

    Vintage Vibe Tine Bass

    Weltmeister Basset 1

    Weltmeister Basset 2

    MKS-20 Digital Piano

    MK-80 Digital Rhodes

    JD-800 Crystal Rhodes

    ※当情報は2016/09/09時点のものです。正確な情報はメーカーサイトをご参照下さい。

    SPECTRASONICSがオススメの理由

    決して「悪い」とは言いませんが、多くのソフトウェアは実機やアナログ機材の音質には敵わないもの。

    つまり、ソフトウェア音源を利用するという事は、音質的には少しの妥協を必要とするものです。

    ところが、そうした常識を覆し、さらに未だに超えられずに維持し続けている稀有な存在が一握り存在します。


    アコースティックドラムならBFD、ピアノならIVORY、ドラムマシンならMASCHINE、そしてSPECTRASONICS STYLUS、ベースならSPECTRASONICS TRILLIAN、シンセサイザーならSPECTRASONICS OMNISPHERE、キーボードならSPECTRASONICS KEYSCAPE、、、、とSPECTRASONICSの音源は、とにかく頭抜きに出た音質を持っています。


    SPECTRASONICS製品のサウンドデザイン(耳で聞いて良いと感じる音をデザインする技術)は、サウンドデザイナーの中でも伝説的な人物であるエリックパーシング氏が監修。

    といいますかエリックパーシング氏がサウンドデザイナーとしての経歴を積み重ねていく中で立ち上げた会社がSPECTRASONICSで、エリックパーシング氏はそもそもサウンドデザイナーとしてローランド名機やマーカス・ミラーなど超有名アーティストと関わりを持っている唯一無二のサウンドデザイナーでもあります。


    つまりソフトウェア音源であっても、ハード機材や生アーティストの「現場レベル」で負けないレベルの音質が探求された上で生まれるSPECTRASONICS製品は、その他多くのソフトウェア音源の様に「プログラミングが上手」「ちょっとプロの世界をかじったことがある」程度の人では達成しえない経験・知識・技量が詰まった、もはやソフトやハードの垣根を超えた「音楽機材」といえるでしょう。

    関連タグ:OMNISPHERE TRILIAN SYNTHOGY IVORY ピアノ音源

    仕様詳細・対応動作要件は、本製品メーカーサイト情報をご参照の上、お買い求めください。

  • {random: phrase}
  • うつくしい
  • 明るいです
  • シンボリック
  • 防水 ?明るい
  • たっとい
  • 中岛あすか
  • たっとい
  • 割引
  • あかるい